日本最大級のいてやまない名言・格言集 WEBメディア

MENU

総訪問者数

31624
ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリン(英語: Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日> - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。

印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。

また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたことでも知られている。

現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。

勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。

己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。

『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。

家族と生い立ち ベンジャミン・フランクリンの父親、ジョサイア・フランクリンは1657年12月23日にイングランド王国のノーザンプトンシャー、エクトンで鍛冶屋および農民のトマス・フランクリンと妻のジェーン・ホワイトの間に生まれた。

引用 " WikiPedia "

ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリン

名言の数93

ベンジャミン・フランクリンのいいね!!総獲得数145いいね

釘が一本なくなり、蹄鉄が駄目になった。 蹄鉄がなくなり、馬はどうしようもなくなった。 馬がなくなり、騎士はどうしようもなくなった。 騎士がいなくなり、戦いはどうしようもなくなった。

いいね 0

富への道はあなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)へ行く道と同じくらい簡単なものだ。富への道はふたつの言葉にかかっている。「勤勉」と「倹約」。つまり時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。

いいね 0

訪問は短く、冬の日のごとく。追い返される面倒が起きないように。

いいね 0

兄のくれる金が半分は残ることがわかった、この残った金は本を買う足しにした。 雇い主の兄に「自炊がしたい」と申し出て、自分の食費にあてられていた金額の半分を直接受け取れるようにし、さらにその半分を節約し本を買うために使った。

いいね 0

明日やらなければならないことは、今日の内にやってしまうこと。 これが人生の秘訣である。

いいね 0

兄のくれる金が半分は残ることがわかった、この残った金は本を買う足しにした。 雇い主の兄に「自炊がしたい」と申し出て、自分の食費にあてられていた金額の半分を直接受け取れるようにし、さらにその半分を節約し本を買うために使った。

いいね 0

食事を節するとたいてい頭がハッキリして理解が早くなるもので、そのために私の勉強は大いに進んだ。

いいね 0

経験というのは、莫大なお金に匹敵する価値がある。 ただ、ほとんどの人が、その経験を学びに使わない。

いいね 0

目上に対しては謙虚に、同僚に対しては礼儀正しく、目下には優しく振舞う。これはみんなが心地よく生きるための、「社会生活のルール」である。

いいね 0

相手を説得するために、正論など持ちだしてはいけない。 相手にどのような利益があるかを、話すだけでいい。

いいね 5

本当の貧乏人一人に対し、贅沢のための貧乏人は百人いる。わずかな出費に注意せよ。小さな水漏れが大きな船を沈めてしまう。安物買いで得した者が、よく破産する。

いいね 2

もしも、人生をやり直すことが、出来るのだとしたら、私はこれまでの生涯を、始めからそのまま繰り返すだろう。

いいね 0
PAGETOP