日本最大級のいてやまない名言・格言集 WEBメディア

MENU

総訪問者数

33733
ジョナサン・アイブ

ジョナサン・アイブ

ジョナサン・ポール・アイブ(英語: Sir Jonathan Paul Ive, KBE、1967年2月27日 - )は、イギリス人デザイナー。

アップルのチーフ・デザイン・オフィサー(最高デザイン責任者)。

iMac、MacBook、iPod、iPhone、iPadなど現在の主要アップル製品のインダストリアルデザイン担当者として国際的に知られている。

給料は1,000,000ポンド。

生い立ち ロンドンのチングフォードに生まれ、 教師でもあった父親に育てられた。

チングフォード財団学校に通った後、スタッフォードにあるウォルトン高校へと進学した。

その後ニューカッスル・ポリテクニック(現在のノーザンブリア大学)へと進み、インダストリアルデザインを学んだ。

ロンドンにあるデザインエージェンシーTangerineで短期間働いた後、1992年アップルでのキャリアを積むためにアメリカ合衆国へ移住した。

当時はロバート・ブルーナーがインダストリアルデザイン部門を率いていたが、20周年記念Macintoshのデザインで頭角を現した。

引用 " WikiPedia "

ジョナサン・アイブ

ジョナサン・アイブ

名言の数28

ジョナサン・アイブのいいね!!総獲得数28いいね

デザイナーのクセにこんなことを言うのはおかしいけれど、デザイナーがこれみよがしにしっぽを振っているような製品を目にすると、嫌になるんだ

いいね 0

デザインを差別化の手段だと思っている人が多すぎる。僕たちの目標は差別化じゃなくて、これから先も人に愛される製品を創ることだとわかってほしい。差別化はその結果なんだ

いいね 3

われわれの目標は、『より良い製品をデザインし作る』というとてもシンプルなものだ。より良いものを作れない場合、われわれは作らない

助手 助手

これぞプロって感じですね〜。

いいね 0

われわれが開発しようとしているのは、何となく必然性を感じる製品なのだが、なぜかその製品だけが必然性を叶えてくれる唯一のモノであるかのような印象を与えてしまう

いいね 1

目標を定めようとする段階では、製品のストーリーについて語り合う。つまり製品をどう見るかを話し合うんだ。その製品に何を感じるか、モノではなく感情について話し合う

いいね 0

何がどうなっているのか自分の理解の範囲を超えたとき、魔法がかったような気分になる

いいね 0

シンプルなものから本当に洗練されたモノへとそぎ落としていく過程が、私は好きなのです

いいね 0

フォーカスグループはやらない。アイデアを出すのはデザイナーの仕事だから、明日の可能性に触れる機会のない人たちに未来のデザインについて聞くこと自体が的外れだよ

いいね 7
PAGETOP